OmniOutlinerのMacとiPadの連携

120901OmniOutliner3.png

私にとってブログ記事の組み立てや頭の中の整理などにかかせないアウトラインプロセッサのOmniOutliner。

そのOmniOutlinerのMac版とiPad版の連携について。

情報整理や思考整理系のツールはマインドマップをはじめ沢山のツールがありますが私の場合、結局OmniOutlinerに落ち着きました。
(iPhoneとiPadのMindMapアプリのiThoughtsも便利です。用途に合わせて使い分け)

オムニ製品は機能が豊富なアプリが多いのですがどれも値段が高い。
でも、Macを使ってるとどうも欲しくなっちゃうんですよね、私の場合(笑)

OmniOutlinerにはMac版とiPad版がありiPhone版はありません。
MacとiPadの連携は最近メジャーなDropboxでは無くiDisk(MobileMe)、WebDAVのどちらかになります。
しかし、iDisk(MobileMe)は終了したので使えません。今後iCloudの対応がどうなるのか気になるところ。
(次期OmniOutlinerの4では対応するみたいですね。アプデ料金が気になるところですが)

と言うことで、事実上WebDAV一択ってところではないでしょうか。

しかも連携と書いたのには意味があって、純粋な同期は出来ません。
それぞれのアプリからWebDAVへ書き出し、それを読み込むと言う手順が必要になります。

またメールで送信機能があるのでMacに送ってそれをOmniOutlinerで開けば読み込めます。
Macからもメールに添付して開けますが二手間ぐらい余計にかかります。

またiPadからの書き出しで一応Dropboxに書き出せるとの事で、選択肢にOmniOutliner形式、OPML形式、プレインテキスト形式があるのですが、なぜかOmniOutliner形式では送れないのでOPML形式になります。
Dropboxからの読込はOmniOutliner形式で読み込めるんですけどね。

と言うことで私は無料のWebDAVストレージを使って、MacとiPadでOmniOutlinerファイルのやり取りをしています。

Macとやり取りをしないにせよバックアップ目的でiPadのOmniOutlinerをWebDAVに上げて置くのもイイかもしれません。
私は過去に設定でスタイル変更ボタンをポンと押した瞬間に全てのデータが吹っ飛んだ苦い経験があります。
そうならないためにもファイルのバックアップは重要だと感じています。

と言う事でWebDAVを使った簡単な連携を。

6.png

私はWebDAVに無料で3GBまで使用可能な「drivee」を使わせてもらっています。
それをMacにマウントしてフォルダを作りOmniOutlinerのファイルを置いてます。

で、iPadに読み込むときは下記のところをクリックして読み込みます。

120901004.png

逆にWebDAVに書き出すときは書き出したいファイルを長押しして下記の矢印をクリックすれば「書き出し」を選択出来ます。

120901002.png

ちなみにDropboxへOPMLファイルで送るときはAppに送信を選択します。

120901001.png

するとこんな感じでファイル選択が出来るのですが、なぜかOmniOutliner形式を選ぶとエラーになっておくれません。

Mac MiniとMacBook Airに関してはOmniOutlinerの保存フォルダをWebDAVストレージ上に作ってそこからファイルを開けば問題無く同じファイルを参照・編集出来ます。

なぜかdriveeのフォルダに保存しようとすると下記のような警告が出ます。

120901-0005.png

これはストレージのフォーマットがMac標準の「Mac OS 拡張」じゃ無いからだそうです。
とりたてて不具合はありませんが、今後OmniOutlinerのバージョンが上がったときに問題が出るんでしょうかね。
ま、デスクトップで一旦ファイルを書き換えれば問題無いとは思いますが。

OS X Server:「書類 "ファイル名" があるボリュームは、バージョン履歴の保存には対応していません」という警告

ちょっと便利な計算機能

OmniOutlinerは色んな便利機能が備わっていて、たとえば本などの執筆をしてる人なら、下記の要領で各章の段落毎のページ数を入力すれば勝手に章のページ数、本全体のページ数を表示するように列を追加したり

120901-0007.png

また私の好きなカメラやMacのアプリなどを購入するときに頭の中を整理するのに購入候補を列挙しつつ、金額も把握したいーって時に便利な列の追加。

120901-0006.png

階層を深くして各アプリの金額を記入すれば、種類毎の合計金額と全体の金額を表示してくれるので、候補別にいくら必要かが分かったり、俯瞰して見ることで散財も防げて一石二鳥です(笑)

ちなみに上記の購入候補をiPad版で見るとこんな感じです。

12090201.png

【追記】
OmniOutliner for ipad版がアップデートされて、Omni Sync Serverとの連携が出来るようになったみたいです。
しかしWebDAV同様、書き出す形式なのでWebDAVとの連携と同じっぽいですね。

 

【Mac版】

(スタンダード版)

OmniOutliner
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

(Pro版)

OmniOutliner Pro
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

【iPad版】

OmniOutliner 2
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました