iPhoneにBluetoothキーボードは快適!

iPhoneのOSがiOS4になって、にわかに注目を集め始めた
「Bluetooth(ブルートゥース)キーボード」。

巷で流行ってるのが、リュウドの折りたたみキーボード。

リュウド折りたたみBluetoothキーボード

こちらは「日本語(JIS)」の配列↓

リュウド 折りたたみワイヤレスキーボード Rboard for Keitai (Bluetooth HID/JIS配列) RBK-2100BTJ

(※以下、メーカーサイトの注意書き)

iPhoneのiOS4のハードウェアキーボード配列設定に「日本語(JIS)」がないため、RBK-2100BTJをご利用の際は「US」を選択せざるを得ません。そのため英語配列キーボードと見なされ、記号など一部のキーが刻印通りに入力されません。
正しく入力されないキーの詳細は、RBK- 2100BTJをiOS搭載製品でご利用時のキーマッピングをご参照下さい。

(↓こちらはリュウドのUSキーボード)

「Rboard for Keitai RBK-2000BTII」

iPhoneのOSはJISでは無いので、コチラの方が印字通りに入力出来ます

ちょうど良いな~と思ってた頃には品薄でどこにも在庫無し。

で、色々とリサーチかけて見ると、Apple純正のワイヤレスでの
Bluetoothキーボードが良いんじゃね?と言う結論に。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A
B002TOJH9K

純正だけに色んなショートカットがやりやすいんですよね。

(ショートカットについては次回記事にする予定)

それに、JIS配列でもちゃんとに印字通りに入力出来るし。

値段もリュウドの折りたたみBluetoothキーボードより
3000円近く安いし。

確かにリュウドは折りたためるのでコンパクトになるのが
魅力なんですよね。

製品名 折りたたみ時 使用時
Apple ----- 282 x 133 x 18
リュウド 145 x 98.5 x 19.5 285 x 98.5 x 14.5

(幅×高さ×厚さ)

Apple純正のBluetoothキーボードはヨドバシ等に沢山展示してあるので
何度も触って感触の良さは確認しました。

コンパクトさを取るか、快適入力&値段を取るか、悩んだ挙げ句
将来的にiPadも買うかもしれない予感がするので
ひとまず、Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/Aを買いました。(笑)

早速、ヨドでお買い上げの後、開封の儀。

iPhone Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A Bluetoothキーボード

iPhone Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A Bluetoothキーボード

Apple純正のBluetoothキーボードは、結構汚れが目立つので

評判の良いこのキーボードカバーを購入。

フルフラットキーボードカバー・Pure Touch Key Protector #201 for Apple Wireless Keyboard / PTKP201
B000YR3FSI

貼った感じはこれ。

フルフラットキーボードカバー・Pure Touch Key Protector #201 for Apple Wireless Keyboard / PTKP201

ちょっと分かりにくいですね。
例えると、キーボードの表面をサランラップで覆った感じ。

普通のキーボードカバーはペコペコしてあまり好きじゃ無いので
このカバーはとても良いです。
さらっとした表面で違和感は全くなし。

入力時のiPhoneを固定するためにサンワサプライのスタンドも購入。

SANWA SUPPLY iPod、iPhone対応 デスクトップスタンド ブラック PDA-STN2BK

SANWA SUPPLY iPod、iPhone対応 デスクトップスタンド ブラック PDA-STN2BK

こんな感じです。

iPhoneスタンド

あ、ちなみにiPhoneのケースはこれ。

iPhoneケース

なんだかんで、結局たどり着いたのがこのケース。
自分はフラップタイプでiPhoneの表面を保護してくれて、
尚且つ、閉じた状態で充電出来るヤツが欲しかった。

なかなか無かったけど、ソフトバンクの製品で発見。
本革で革の良いにおいがするクセに、その辺のべらぼうに高い
サードパーティ製のケースより断然安い。

iPhone Bluetoothキーボード

しばらく使った感想は、やはり良い!

ちょっとしたメモならフリックで十分ですが、
ブログの下書きや、マインドマップアプリにサクサク入力する時に
Bluetoothキーボードはやはり威力を発揮しますね。

追記です:

AppleのBluetoothキーボード(JIS)版と(US)版のキーボード配列を
ついでに載せておきます。

US配列は格好いいですよね。
ただ、エンターキーが小さいのと若干配列がJISと違うので、
私は実用性を考慮してJIS版のBluetoothキーボードを選びました。

(JIS)版 Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/A

(US)版 Apple Wireless Keyboard (US) MC184LL/A

Apple Wireless Keyboard (US) MC184LL/A

こちらはiPad用

ケース一体型で便利な専用キーも付いて良さそうですね。

Amazonはこちらから(Amazonレビューはかなりいいです)
↓↓↓
LOGICOOL キーボードケース For iPad TK700

コメント

  1. きたの より:

    ブログ拝見しました。
    私もiPhoneとApple純正ワイヤレスキーボード(JIS)を使っています。
    ところが、一部記号が刻印と違うものが入り、ストレスが溜まってます。
    ブログを拝見すると、特にそのような記述もなさそうですが、何か設定があるのでしょうか?
    よろしければ、ご教授ください。
    よろしくおねがいします。

    • BORUGU(管理人) より:

      きたのさん、

      すみません、返信が非常に遅れてしまいました…(汗
      もう、ご覧にはなられていないかと思いますが、特に設定はせずに使っていたと思います。
      ここ1−2年、BluetoothキーボードはMac専用でiPhoneやiPadでは使っていませんでしたので記憶がちょっと曖昧ですが…。

      我が家のiPad2がiOS7台で使っているので接続したところ、記号等は刻印と同じように入力できるようですが、違っていたら申し訳ないです。

タイトルとURLをコピーしました